購入するならマンションを

PAGELIST

マンション購入は都心と郊外ではどちらがお得でしょうか。

購入するならマンションを
マンションを購入するなら田舎と都心部とではどちらがお得でしょうか。よく、郊外とかニュータウンというような言葉を聞きます。これは、ほんの少し田舎になってる住宅街という場所を意味していて、その地域に住民が増えてるのでショッピングモールや病院、公共施設などを増やしてその地域全体が一つの町として生活できるような体制です。役所の出張所や交番の発出所などもありとてものどかで住みやすくなってます。職場がそこから近ければ何も問題がないのですが、遠ければ電車や車で通勤をすることになります。公園や自然が隣接してるような場所にそういう住宅地やショッピングモールなどを作る事が多いので子育てにも環境は良さそうです。そうすると、郊外側に購入するほうが良いのでしょうか。

答えはいろいろ家庭によって違いますね。小さい子とお母さんが保育園に通っててお父さんが車で通勤するとしたら、郊外のほうが安く買えて得だと思います。しかし、子供が2、3人くらいいて、子どもたちが都心部の学校に数年通い、いずれは都会のオフィス街に就職となるとどうでしょうか。学校までの定期代がかかります。就職してからも給料が安定するまでは同居するとなると父親と子どもたちが電車や車通勤をすることになります。交通費やガソリン代が全部支払われるような会社であればそれで良いかもしれませんが、交通費も限度がある場合があります。そのことを考えると、郊外に住むほうがお金がかかりそうな気もしますね。マンションは郊外も良いですが、ネオン街の大都会付近を選ぶのが好都合になるかもしれません。

また、老後のことを考えると自然の中で過ごすのも良いですが都心部のほうが病院や医療施設が多いことから、利便性を取るなら郊外よりも過ごしやすいかもしれません。どちらのほうが住みやすくて損をしないかはやはり家庭によって大きな違いがあると思います。郊外には郊外の良さがありますし、将来のことを考えて、いろんな視点でチェックしてから買いたいですね。

Copyright 2019 購入するならマンションを All Rights Reserved.