購入するならマンションを

PAGELIST

都心のマンション価格は高騰している

購入するならマンションを
都心のマンション価格が過去最高にまで高騰しています。不況と言われているのに高騰してしまったら誰も買わないのではないか?と疑問に思う人もいるかもしれません。何故高騰しているのかを一緒に考えていく事にしましょう。まず、どのような状況になったらマンション価格は高騰するのでしょうか。考えられることとしては、材料費の高騰と人件費の高騰という建築コストの高騰が基本的に挙げられます。この2つは実際に値段が上がっているのでしょうか。日本は円安が進行しています。日本は資源のほとんどを輸入に頼っています。建築に使う材料もほぼ輸入になっていますので、円安の状況では材料費は高騰するのです。そのため材料費は高くなってきています。

人件費はどうでしょうか。実は都心では建築作業員が東日本大震災の影響で東北エリアへ行っています。そのため作業員が不足しているため、人件費のコストが過去最高にまで高くなっています。この2つの基本的な原因がマンションの価格を押し上げたのです。さらに大事な理由があります。それは、一部富裕層がマンション購入に手を出し始めたからです。消費税増税が決定されています。大きな買い物はその前に済ませたいという人が一斉にマンション購入に乗り出しました。それにより競争が始まりマンションの価格が高騰したとも言われているのです。こういった様々な要因が重なり、都心のマンションの価格は高騰を続けているのです。この現象は、まだこれからも続くと言われています。

Copyright 2019 購入するならマンションを All Rights Reserved.