購入するならマンションを

PAGELIST

楽に住み換えできる賃貸で冷暖房効果にも強いマンションがお勧め

購入するならマンションを
住まいは、実際に住んでみないとわからないことが多いものです。物件その物の設備の良しあし、音、上下左右に数でいる他の住人との関連、周囲の街の様子など、様々なことが絡んできます。何を持って「良い住まい」と言えるのかは、そこに住む人によって変わります。その点、賃貸は比較的、楽に住み換えができます。特に問題がなくても、数年おきに気分転換に住まいを変えたいという方のニーズにもぴったりです。また、賃貸の中でも一戸建てよりはマンションのほうが、さらに住み換えはしやすくなります。賃貸のなかでも、マンションの良さはほかにもあります。まず、一戸建てに比べて室内の温度変化がしにくいことにあります。もちろん、部屋の位置、窓の向き、構造にも左右されはしますが、一戸建ては四方が外に面しているので、周囲への音の配慮が比較的ラクな代わりに、外気温の変化に、即影響されやすいのです。その点、マンションは鉄筋コンクリートで作られていることが多いので、壁の厚みもあり、外の温度変化の影響を受けにくいのです。

また、一般には角部屋が人気ですが、冷暖房の費用が少なくて済むのは中住戸と言われる物件です。通気性と採光性は角部屋より劣りますが、その分、外気に接する面が少ないので、いったん温めた暖房、いったん冷やした冷房の部屋を長い間キープすることができるのです。プライバシーの面からも、中住戸は意外とお勧めです。両隣に、他の世帯が住んでいるという点を除けば、窓が少ないため、外に室内の気配が伝わりにくいというメリットがあります。ある人にはデメリットでも見方を変えればメリットになることもあります。賃貸の物件を探すとき、特にマンションの場合には、一般的に良いとされる部屋は高額の傾向にあります。日中は仕事をしていて、ほとんど留守なのであれば、日当たりであることや角部屋等にこだわらなくても良いという選び方もあります。そのような視点で物件を選べば、自分にぴったりの部屋を安く見つけることも可能です。

Copyright 2019 購入するならマンションを All Rights Reserved.