購入するならマンションを

PAGELIST

賃貸のマンションで暮らすなら念のための防犯対策を

購入するならマンションを
賃貸のマンションには様々な形態があって家賃の高いのもあれば安いのもあり、家族持ち用の何部屋かある広いのもあれば単身者用の狭い物件もあります。さていずれにしてもそこに住むからには普段の生活に気を付けておくに越したことはありません。なぜかというと隣の住人の顔も名前もろくにわからない時代だからです。もう1つは賃貸のマンションというのは日本各地にありますが、どちらかというと人の多い地域に建っていることが多いです。そのように人の多い地域になるほど治安が悪くなる傾向にあります。さらに大都会だと隣と隣の建物の間隔が非常に狭かったりなどしてその気になれば飛び移ることが出来たりするかもしれないからです。そのようなわけで特に1人暮らしの女性はさらに気を付ける必要があります。

さて賃貸のマンションで暮らすために気を付けておく必要がある普段の生活ではやはり念のための防犯対策が欠かせません。その普段の防犯対策の1つは窓からの侵入を防止するための予備のロックや防犯ブザーの存在です。犯罪者はいろんな手法で不法侵入を試みますが、窓のガラスを割って入る手口だと鍵をこじ開けられたらすぐに侵入をされてしまいます。そこで窓のレールの間に市販されている補助鍵たるロックをめんどくさいですが2重3重にかましておくことで侵入を遅らせることができたりします。ついでに窓ガラスにマグネットスイッチなど防犯センサーブザーを取り付けていると外部から不審者が侵入しようとしてちょっとした振動が伝わった瞬間に警報ブザーがなるので未遂に終わらせる可能性を増やしてくれます。ついでにベランダは使わないときには洗濯さおを含めてモノを置かないようにします。盗難防止であると同時に不法侵入を手助けするためのアイテムにもなりかねないからです。ただもっと大事なのは外部から内部の様子を垣間見させないような生活をすることです。それには夜間に不用意に電気をつけたままカーテンを開けるような生活をしないことが必要になります。また昼間でもカーテンは閉じておくことも女性の場合は盗撮対策としても有効な手段となるからです。

Copyright 2019 購入するならマンションを All Rights Reserved.